緊急事態宣言も延長

本来であれば、緊急事態宣言解除のはずが、5月いっぱいの延長が表明された。
医療崩壊を防ぎ、なんとかこれ以上の感染を止めるべく、日本全体で、協力しよう、は理解できる。
しかしながら、
イベント業界でいうと、2月下旬あたりから、延期・中止が言われ続けて、4月には夏頃まで、全て無くなったという、
仲間もいる。
私も、4月5月の予定していた本番が延期もしくは中止となっている。
またこの状況なので、その延期日程すら決まっていない。
5月末に、宣言が解除されて、「じゃあ、すぐにイベント開始」とはならない。
イベントで一番大事なものは、事前準備、様々なリスクヘッジをしながら、
本番にむけてマニュアルを作り、些細なことまで、きめ細やかに決めていく。
本番時には、ほぼ100%大丈夫状態でのぞむ。
なので、5月末に解除されても、その後、本番まで時間が必要だ。
日頃は、大阪城公園をジョギングするけれども、この状況下で、結構人が集まってきている。
3密では無いけれども、密集してきている。
飛沫も気になる、ので、GW期間中は街中をジョギングコースにしている。
最近は、大阪の筋を南下・北上しながら、通りを東西に走る。
御堂筋、堺筋・・・・・筋は、南北の道。
長堀通り、土佐堀通り・・・通りは、東西の道。
GWの昼のオフィス街や、歓楽街は、全く人がいない・・・・・
見かけるのは、Uber Eatsの自転車ばかり・・・・
道頓堀の賑わいしか知らないので、今は、本当にゴーストタウンの様・・・・
あの賑わいはどこへ行ったのか、、、、、
5月末に緊急事態宣言が解除されて、その賑わいが戻ってくるとは思えず、しばし茫然となる。
アフターコロナと言われながら、そのあるべき姿が見えてこない。
イベント業界のみならず、日本の・世界の社会構造が、確実に変わる。
我々、人間はどう対処し、どう、変化すべきなのか、、、
生きる力が問われている気がする。