在宅ワークで気づいた

私的事情で、否応なく在宅ワークを余儀なくされたので、

書斎の環境を整えた。

 

もともと、自宅で仕事するような設えだったので、それほど苦労はなかったが、

会社の古い壊れかけのMacと、持ち運びのMacbook Airとipadとwifi設定で最低限の仕事ができる環境にした。

 

メールのチェック、書類の作成、などなど、デスクワークには殆ど支障はない。

WEB会議もバッチリだ。

 

ただ、悲しいかな、やはり書類をプリントアウトすることがままあり、その際のプリンターがインクジェットなのは、なかなか大変だ。

数十ページ、いや3桁の書類もあったりでそんな時は、会社でプリントアウトして郵送してもらう、、、、

 

ペーパレスは世の流れとはわかりつつ、書類に直に色々記入しながらチェックすることも、大切な行程の一つ。

 

テレワークがますます推奨される世の中において、ハイブリッド的な環境を整えるのも、重要なことの一つである。

 

しかしながら、やはりできる人は、テレワークであろうが、リアルであろうが、モノが違う。

スピード感や、レスポンスや、納得性・説得性、深く複雑な案件を、シンプルに容易に伝えるコミュニケーション力、、、

そんなできる人たちと、仕事することは、自分にとって非常に有益である、と思う。

 

環境も大事、それよりも人の力が、すべてを引き上げる。