五輪前夜

新型コロナ禍で延期されていた「東京オリンピック2020」が明後日幕を開ける、
一部の競技は開幕式前に行われるので、実質スタートしているようなものだ。
しかしこれほど、待ち望まれていない「五輪」があっただろうか・・・・
本来であれば、街に五輪グッズが並び、ポスターが乱立し、「オリンピック記念」と銘打ったキャンペーンがなされ、テレビではアスリートの密着取材特番が流され、始まる前から「感動」雰囲気を醸成されるはずなのに、あらゆる「五輪」絡みのプロモーションが影を潜めている。
ワクチン接種が、進んでいる中、進みすぎてその供給量が不足し、混乱を招いている。また緊急事態宣言下にあるに関わらず、人流は思うように減らない。
また、組織委員会や政治家さんのさまざまな発言が火に油を注いでいる。
「競技が始まって、日本人が金メダル取ったら、空気も変わるさ」と言う人もいる。
“アスリートファースト”“復興五輪””コロナに打ち勝つ”などなど、美辞麗句が並んだ、「東京オリンピック2020」は果たしてどこへ向かうのだろうか。
我々、業界人的には、それらの美辞麗句は「企画書」的だな、という言い方をよくする。コンペティションでコンセプトを考えるとき、説得性・納得性のある言葉をチョイスする。しかしながら、実効性という視点で考えた時、それって大丈夫ってなる言葉。
言葉はとても大切です。自分の想いを伝えるだけではなく、相手が理解するための言葉が必要。それはコミュニケーションの第一歩。
その言葉が軽んじられていることに、今回の東京オリンピック禍が巻き起こっているのでは無いか・・・・・
謝罪や言い訳、「そう言うつもりではなかった」SNSでの暴言の数々。
言葉が生む分断。
新型コロナ感染症そのものへの恐れとともに、言葉が生む分断が、怖い。
きっと、「アスリートの必死な、嘘のない姿」を見ると応援している自分がいる、一方感染し、味覚が失われ、治療に専念している感染者を考えると、この五輪どうなんだろう・・・・・
「東京オリンピック」が始まるまでにできたことが沢山あったのでないか、
申し訳ないが、そこが一番悔やまれるし、残念だ。
写真は大阪メトロの駅内広告枠・・・空いてるなんて、新型コロナだけのせいでは無い気がする。