とにかく、今は、事業継続!

コロナ禍がイベント業界を直撃して、既に2ケ月余り。
飲食業、観光業、だけではなく、実に様々な業種を直撃し、
緊急事態宣言による収束も、期待できない状況だ。
ゴールデンウィークは、本来であれば、人が活発に動き、経済も活発な時期なのに、人の移動が制約される。
経済が全く、止まっている状況と言っても過言ではないだろう。
とは言え、なんとか、自粛しつつ収束を願う!
まさしく国難、全世界が見えない敵と闘っている。
そんな状況の中、イベント業界の仲間たちも、知恵を出し合っている。
人を集めることがミッションであるはずのイベントだけれども、
人を集めてはいけない現実、ならば人を集めないイベントができないか、アイデアを出し合っている。
必要は発明の母とばかりに、様々なアイデアが生まれている。
あとは、それをどのように収益モデルに精査していくか、、、、、
アフターコロナを考えるには、まだ早いのかもしれないけれども、確実に生活構造や仕事の仕組みは変わっていくと思われる。
今までのように、トップダウンで仕事が降りてくるのを待つのはなく、これからはボトムアップで、「ビジネスモデル」をこちらから提案していくことが必要であろう、と思われる。
実に様々な業界で工夫やアイデアが散見される。
それをどのように、ビジネスモデルとして、収益をあげることができるか。
イベントの在りよう自体が変わっていくだろう。
全てデジタルのそれに様変わりするはずもなく、
そこをどのように訴求していくか・・・・
とにかく、今は、事業継続!
今まで頑張ってきたノウハウを積んだ仲間たちが再び活躍できる場が戻るまで、耐える!耐える!耐える!
写真は、
宇治市在住の、武人画家
こうじょう雅之 さん作(宇治市観光大使)の、
不動明王(五大明王筆頭)
疫病退散の守護神
不動智(動かずの誠の智恵)
「絵描きの自分に出来る事は絵を描く事くらい。余りにも無力と痛感。せめての活動。
携帯待受用として待受用御守りを。何かのご利益がある訳では無いが自由にご活躍頂きたい。」
この絵が元気を与えてくれる!
芸術や音楽や文化が人間の生きる力になるはず・・・・そこまで、気張ろう!!!!